HOME > 【東洋医学・鍼灸医学を学ぶ方へ】 > 3.東洋医学・鍼灸医学の本の選び方とは?

東洋医学・鍼灸を学ぶ方へ(C)東洋医学・鍼灸を学ぼう! produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

東洋医学・鍼灸を学ぶ方へ

3.東洋医学・鍼灸医学の本の選び方とは?

 東洋医学・鍼灸医学を本から学ぶには、自分のレベルに合ったものを選択すること、自分は何を学びたいか、自分にとっての必要性という観点から選ぶことが大切です。また、これらの本を読み解くために、辞書的な資料は必須となります。
 そのほかには、鍼灸は身体や病気を扱う仕事ですので、現代医学的な知識も必要となりますので、そういった本も持っておく必要があります。

自分のレベルに合ったものを選択する。

『陰陽五行説 その発展と展開』 根本幸夫・根井養智著 じぼう (東洋医学・鍼灸関連本)(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症『陰陽五行説 その発展と展開』 根本幸夫・根井養智著 じぼう (東洋医学・鍼灸関連本)(C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症 自分のレベルが初心者であれば、当然平易で分かりやすく、全体を概観できるものが必要になりますし、また、初めて出くわす用語に慣れるためにも、辞典や辞書のようなものも必要となります。初心者のレベルを超えましたら、脈診を解説したものや、古典などに少しずつ挑戦することになります。





自分は何を学びたいかで選択する。

鍼灸治療道具 (C) 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症

 闇雲に本を選んでも、自分が学びたいことがかかれていなければ無駄になってしまいます。そこで、自分は脈診を学びたいとか、腹診を学びたいとか、はたまた鍼灸や東洋医学の歴史を学びたいのか、そういった自分が学びたいことをはっきりしておくことが大切です。また、鍼灸には大きく現代派と古典派がありますが、現代派であれば、解剖学的な知識も必要となりますので、そういった本や、現代派の先生が解説したものなどを選択すると良いと思います。

東洋医学・鍼灸を学ぶための資料

 東洋医学を学ぶ上で必要な東洋思想や東洋哲学。その他東洋医学史も把握しておきますと、今後資料を探すときの指針になります。また、辞書などの資料も揃えておくと便利です。

現代医学・医療・健康に関する幅広い知識を身につける。

医療人として身につけておきたい医学の知識を知るための資料や本も必要不可欠です。

本の購入は速やかに、そして惜しみなく。

『漢方の歴史-中国・日本の伝統医学』 小曽戸洋著 大修館書店 あじあブックスシリーズ (東洋医学・鍼灸関連本)(C) 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症『漢方の歴史-中国・日本の伝統医学』 小曽戸洋著 大修館書店 あじあブックスシリーズ (東洋医学・鍼灸関連本)(C) 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症 東洋医学を学びたい方に、その学びたいレベルに応じて本を紹介することがありますが、「高いから買えません。もっと安いのはありませんか?」とか、「これは難しいので読めません。」と言ったことを最初から言う人がいます。東洋医学・鍼灸であっても、医学に変わりはなく、そして身体や健康をあずかるのですから、中途半端な知識はかえって害を招く危険があります。そのことを伝えたいのですが、なかなか理解されることが少ないのが現実で、東洋医学・鍼灸というものが、とても簡単なものだと思われているのかと感じます。
いやしくも医学を学ぼうとするものが、そのために必要な本が高いとか、難しいとか言っていては、専門家としてやっていくことは、その時点で難しいと思います。
東洋医学・鍼灸の本は、あまり多くの冊数が売れないので、単価が高くなります。しかし、高いからと購入を躊躇しますと、その後手に入らないということもありますので、ほしいと思ったら躊躇なく、そして惜しみなく購入してください。