HOME > 【東洋医学・鍼灸医学を学ぶ方へ】 > 2.東洋医学・鍼灸医学を学ぶ方法とは?

東洋医学・鍼灸を学ぶ方へ(C)東洋医学・鍼灸を学ぼう! produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

東洋医学・鍼灸を学ぶ方へ

1.東洋医学・鍼灸医学を学ぶ方法とは?

東洋医学・鍼灸を一般教養として知りたい。

『東洋医学を知っていますか』 三浦於菟著 新潮選書 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症『東洋医学を知っていますか』 三浦於菟著 新潮選書 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症 東洋医学・鍼灸の知識の中でも、特に陰陽、陰陽五行と言った理論や、食物の寒熱の性質などは、一般的にも知っておくと便利なものです。また、西洋医学とは違ったアプローチとして、東洋医学や鍼灸を人生に取り入れてみたい方や、東洋医学・鍼灸とは何だろうと興味お持ちの方は、一般の方でも理解しやすい本などを選択して、読んでおくことで十分だと思います。
 ただし、東洋医学といえども、“医学”という名称が付いている以上は、その内容は奥が深く、時に間違った知識は害を招くことがあります。専門家ではないから許されるというものではないので、“生兵法は傷の元”とならないように、慎重に知識を身につけるべきものだと思います。また、このレベルでの知識は、自分で活用するためにとどめておくのが無難だと思います。
 多読家で知られる松岡正剛氏は、『多読術』という本の中で、「入門書を間違えると通俗的になりすぎるので注意が必要である。」と述べています。一般レベルや、家庭で使うレベルであっても、人の身体や健康をあずかるわけですので、あまりに簡単なものや、通俗的なものは避けたほうがよいでしょう。

東洋医学・鍼灸を専門的に学びたい。

経穴人形 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症


 東洋医学・鍼灸をより積極的・専門的に学びたい場合は、鍼灸学校に通うのが一番だと思います。カルチャースクールなどでも東洋医学や鍼灸を学べるコースがありますが、いくらこのようなコースを通っても、専門家としての一歩は踏み出せないと思います。資金や時間の折り合いがつくようでしたら、鍼灸の専門学校に通うことがベストだと思います。

LinkIcon全国の鍼灸学校の一覧

はり師・きゅう師免許をすでにもっている方。または学校に通っている方。

『鍼灸の挑戦 自然治癒力を生かす』 松田博公著 岩波新書 (東洋医学・鍼灸関連本)C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症『鍼灸の挑戦 自然治癒力を生かす』 松田博公著 岩波新書 (東洋医学・鍼灸関連本)C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症 はり師・きゅう師の免許を既に持っている場合や、専門学校などに既に通っている場合は、より実践的な学びをしていく必要があります。
その一つは、自分に合った良質な師匠(または治療法)に出会うこと。そのために勉強会に参加したりすることが大切です。
 もう一つは、体系的に東洋医学・鍼灸医学を学ぶために、段階を追って本を読むことです。