東洋医学・鍼灸医学・身体・健康・食に関する本の書評 東洋医学・鍼灸を学ぼう! produced by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労など
東洋医学・鍼灸を学ぼう!トップページへ (C) 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など東洋医学・鍼灸を学ぶ方へ (C) 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー


HOME > 【東洋医学・鍼灸医学の本の書評】 > 『漢方の知恵でポジティブ・エイジング』 木村容子著 NHK出版生活人新書

東洋医学・鍼灸を学ぼう! 東洋医学に関する本 (東洋医学・鍼灸関連本)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

東洋医学に関する本一覧

「漢方の知恵でポジティブ・エイジング」 木村容子著 NHK出版生活人新書 (東洋医学・鍼灸を学ぼう produce by 源保堂鍼灸院「漢方の知恵でポジティブ・エイジング」 木村容子著 NHK出版生活人新書 (東洋医学・鍼灸を学ぼう produce by 源保堂鍼灸院

『漢方の知恵でポジティブ・エイジング』

著者
木村容子
発行
NHK出版生活人新書
価格
740円(本体)
お薦め度
☆☆☆
東京女子医科大学の東洋医学研究所副所長、講師を務める著者。女性の視点から、生活に役立つ東洋医学のお話しをまとめており、日々の生活のアドバイスが豊富に語られています。

btn_amazonbuy.gif

 最近では鍼灸に限らず、エステや美容の世界でも“東洋医学”という言葉が使われるようになりました。しかしながら、実際に東洋医学の神髄がそこに活かされているのかというと、正直疑問なところもあります。このような現状を見るにつけ、個人的には、東洋医学・鍼灸を看板に出している者は、その原点である『黄帝内経』を読むことは必須であると思います。それは、そこに東洋医学の神髄があり、そこから発展してきた医療だからです。
 東洋医学に流れる思想や哲学、また時代の風雪を耐えてきた歴史を感じるためにも、できれば原文で読むことが望ましいと思います。原文はお手上げだという人も、少なくとも原文の読み下し文など、欠けることなく通読しておくことをお奨めいたします。

 しかしながら、いきなり原文に当たるのは困難です。原文そのものは簡潔に書いてありますし、基本的な用語や概念を知っていないと、理解しながら読み進めていくことはなかなか難しものです。そこでまずは、原文に当たる前の段階として、『黄帝内経』が書かれた思想的背景を、大まかでも把握しておく必要があります。そのためには入門書が必要となりますが、では、入門だから入門書は簡単に書かれていればどれでも良いとうわけではありません。東洋医学・鍼灸を学ぶためには、最初に手にする本こそ大事になります。最初に読んだ入門書が、あまりに稚拙だったり、間違ったものであったり、著者の個性がですぎていたりしますと、それが後々まで自分の癖として固まってしまい、新たな本を読んだときに融通が利かなくなることがあります。そこで入門書こそ、大切に選びたいものです。

 ここに紹介しまた『図解入門 よくわかる黄帝内経の基本としくみ』は、日本内経医学学会に所属する左合昌美先生が書いた者で、入門書として図解も多いので理解しやすいと思います。ただしあくまで入門書でありますので、その息での理解のための本と思っておいた方がよいでしょう。また、この本は、臨床をしている先生が書いた本と言うよりは、『黄帝内経』の研究者としての本という印象を受けますので、あくまで『黄帝内経』の基本的概念を理解する本という利用が良いかと思います。

おすすめオンライン書店

PR



東洋医学・鍼灸を学ぼう!トップページへ (C) 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症など

東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー
東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー

東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 ジャンル別カテゴリー

東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 レベル別カテゴリー

東洋医学・鍼灸を学ぼう! おすすめ度別カテゴリー
東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 あいうえお順
東洋医学・鍼灸を学ぼう! 書評 あいうえお順